• TOP
  • レポート
  • XFLAG スタジオ活動報告:"ゆるく学ぶUXイベント「UX JAM24」"に弊社デザイナーが登壇しました

2018.03.14 クリエイター

XFLAG スタジオ活動報告:"ゆるく学ぶUXイベント「UX JAM24」"に弊社デザイナーが登壇しました

こんにちは。XFLAG スタジオ 人事戦略室のキャリア採用担当です。
XFLAG スタジオへの理解を深めていただくために発信している"XFLAG スタジオ活動報告"。

今回は、UX MILK様主催の「UX JAM24」にXFLAG スタジオのUIデザイナー・板倉が登壇しましたので、その様子をご紹介します。

***

今回は、ソフトバンク様の汐留本社で開催。
UX MILK様主催イベント「UX JAM」ということもあり、事前応募はなんと150名超え。
当日も100名を超える方が集まりました!半数以上はデザイナーの方でしたが、2~3割はエンジニアの方もいたことに驚き。。UXの概念が多様な職種に活きる可能性を秘めていることがわかります。
UX JAM」:UX MILK様主催の、UXを題材にした「ゆるい」勉強会/交流会イベント

当日は多種多様な業界から8名のLTがあり、そのうちの1名が板倉でした。
XFLAG スタジオのUIデザイナーなのでスマホアプリ「モンスターストライク」を題材にするかと思いきや。。


XFLAG STORE SHIBUYAサイネージ設計においての購入体験向上のための開発フローについて

XFLAG STORE SHIBUYAにあるサイネージ設計がテーマでした。
XFLAG STORE SHIBUYA:2017年5月に渋谷にオープンしたXFLAG スタジオが手がけるコンテンツIPのグッズなどが購入できる実店舗。
この実店舗を紹介したインタビューはこちらです。https://career.xflag.com/interview/special/special-contents-store-01/


  • XFLAG STORE SHIBUYAのコンセプトは「プレイする新感覚ストア」。
  • そして板倉の役割は、"プレイする新感覚"のキーとなる『店舗内での買い物時に使用されるサイネージUIの監修』。
  • 開発では様々な課題はあったものの、無事やり遂げたことで以下のような気づきが得られた。
     ∟工程を端折るにしても前後に必要な工程の理解は必要。文脈を理解していれば柔軟に進め方を工夫することができるはず。
     ∟ゲーム開発に関わっていた頃の経験が活きた。簡単に作ることで、「お客様にとって本当に重要な瞬間になりうるのか」がすぐ試せた。
  • 次に活かしたいこともいくつかあるが、「ロジックだけでなく平行して手も動かし、少しずつ試していく」ことも重要。



ユーザー体験をよりよくしていくためのトライ&エラー。
苦労したことなどを赤裸々に語りながらも、ここで学んだことを実店舗2号店「XFLAG STORE SHINSAIBASHI」の開発に活かしたいと前向きに語っている様子が印象的でした。
当日は、LTの合間の歓談タイムが大盛り上がり!
初めて会った方同士が多い印象でしたが、皆さん積極的に交流を深められている様子で、UXに関心のある方にとって、大変有意義なイベントであることを実感しました。
また機会があれば、是非伺いたいと思います!

***

XFLAG スタジオ内にあるデザイナー組織「XFLAG ARTS」では、板倉のようにサイネージを手掛けたり、他にもXFLAG PARKのようなリアルイベントで必要なポスター/パンフレット/屋外広告/衣装などのクリエイティブ制作・監修に携わるなど、さまざまな分野でデザイナーが活躍しています。
採用も強化中ですので、ご興味がありましたらぜひご応募ください。


採用情報はこちらからご覧ください。
https://career.xflag.com/career/

XFLAG ARTSを率いる加藤の社員インタビューです。
~XFLAG ARTSが求めるのは「勇気のあるクリエイター」。~
https://career.xflag.com/interview/creator/xflag-career-blog01/

その他デザイナーの社員インタビューはこちらからご覧ください。
https://career.xflag.com/interview/creator/

レポートに戻る