2018.06.20 エンジニア イベント

イベントレポート:Think Japan IBM Code Day

6月11日(月)に品川で開催された『Think Japan IBM Code Day』。
https://ibmevent.jp/thinkjapan2018devday/

弊社からは、執行役員(技術領域)の村瀬が、『ゼネラル・セッション ー 世界はITでできている。イノベーションはエンジニアがリードする。ー』と題したセッションの中のパネルディスカッション「エンジニアの世界観」のパートに、豪華スピーカーの皆様と一緒に登壇させていただきました。

report-20180611-IMG_0684.jpg

ディスカッションは、モデレータに落合 陽一さんをお迎えし、様々な環境や立ち位置でご活躍のパネラーの方々が、
それぞれの立場から考える、エンジニアの働き方や、活躍できるエンジニア像などをお話されていました。

report-20180611-IMG_0662.jpg

実はこのセッションは、事前打合せでも具体的な質問などが決められていた訳ではなく、
しかも、立場なども全く異なる、正にダイバーシティなパネラー同士のディスカッションとなり、どんな話が繰り広げられるのか全く想像できず、TechPRとしては、本当にハラハラドキドキしながら講演を聞いていました。

でも、想定外にパネラーのみなさんのお話がおもしろくて、登壇し終えた村瀬に「バッチリでした!」と言ってしまいました。

村瀬は、途中、モデレータの落合さんに写真を撮っていただき、講演後にすぐにプリントしたものをいただいて、嬉しそうに社内のSlackにアップしていました。

落合さんに撮られている所report-20180611-IMG_0646.jpg

Slackに共有されていた画像Image from iOS.jpgのサムネイル画像

また、ゼネラル・セッションの他に、「モンスターストライク® x IBM Cloud」と題して、ネットワークエンジニアの吉野とSRE(Site Reliability Engineer)の清水が、IBM Cloudの活用事例として、スマホアプリ「モンスターストライク」での取り組みを、想定外に出てきた問題やIBM Cloudの利用に関しての本音ベースの感想など、時折、冗談を交えながらお話させていただきました。

report-20180611-IMG_0756.jpgreport-20180611-IMG_0764.jpg

資料はこちら。
https://speakerdeck.com/isaoshimizu/monster-strike-x-ibm-cloud

一年を通して最も高負荷となる「モンスト年末年始キャンペーン」。
SREチームにとって、毎年恒例の技術的なチャレンジが求められるイベントです。
毎年秋頃になると、日々の利用状況や予定されているキャンペーンの企画内容、また、過去データや経験などからある程度の予測をし、「今年こそユーザーさんにとってストレスフリーな環境を作るぞ!」と気合いを入れて、ベンダーの方々と協力しながら具体的な対応策を検討開始します。

今回、初めて日本で開催された本イベント。
基調講演だけでなく、各会場をも埋め尽くすほどのお客様が来場されていて、登壇者もお客様も楽しんでいる様子が伺えて、IBMさんの今後の新しいチャレンジに期待が高まりました。

レポートに戻る